珪藻土製品 トップページ > 珪藻土とは?

珪藻土とは?

珪藻とは10万種以上の種類を持つ植物性プランクトン(=珪藻/藻)です。海、川、池、水田、水槽、水路など様々な水の中に生息しています。

珪藻土とは、800万~1000万年前の植物性プランクトンの一種である珪藻の遺骸(珪藻殻)が泥粒子とともに沈殿し、遺骸の中の有機物が酸化分解し二酸化ケイ素(無機物)を主成分とする殻が海底や湖底に堆積して化石化したものです。
珪藻の種類や地層の上層部、下層部から採掘によってPHも弱酸性から強アルカリ性まで様々です。

主成分はガラスと同じ珪酸質(ケイ素(Si)と酸素(O)の化合物)で、シリカ(二酸化珪素 SiO2)です。ダイアトマイトともいいます。

珪藻土はどこで取れるの?
島国である日本では、珪藻土は全国いろいろな地域で採掘され、珪藻土の産地については日本では約80ヶ所前後あります。 有名な所では北海道・秋田・石川・島根・岡山・大分などあります。

しかしながら、秋田県産や大分県産は大半が大手ビールメーカーの濾過装置や土地改良材等に使用され、また、石川県産は七輪に使用されています。それに便乗して採掘されたものが分配されたり、余剰の歩留まりの部分が壁材として転用されていますが、珪藻土の特性と用途がそれぞれに違います。

約60種類あるといわれる珪藻土の中で、快適性を実感できる珪藻土はほんの一部の珪藻土にかぎられます。その珪藻土が「メソポア珪藻土」なのです。

珪藻土の魅力

珪藻土は直径2~50ナノメートルの細孔を無数に持ち、細孔の機能による自律的な吸放湿を半永久的に行います。この調湿作用は夏場の暑く湿気が多い場合は湿気を吸収し、冬場の湿気が少なく乾燥している場合は湿気を放出し温度を調整するため、結露と湿害を防止する効果を持っています。

超・珪藻土の誕生

壁材として珪藻土を利用することは、生みの親ともいえる1人の元北海道工業試験場職員の発想から始まりました。
長年にわたり研究に研究を重ねた結果、珪藻土の持つ機能・性能をさらに飛躍的に進化させ、従来の珪藻土建材の性能をはるかに越えた、今ある珪藻土建材の中では類を見ない「超・珪藻土」が誕生しました。

超・珪藻土の多様化

高機能なメソポア珪藻土を多く含んだ超・珪藻土の用途は無限大です。その類まれなる調湿機能、脱臭機能、吸水機能、吸着機能は、日常の安心・安全・快適な生活空間作りに多種多様に生かされています。

メソポア珪藻土とは? 珪藻土製品の比較 珪藻土の成分
お問い合わせ TEL:0794-82-1892 / FAX:0794-82-9797 月~金曜日 9:00~17:00(祝祭日・GW・お盆・年末年始を除く)」 メールでお問い合わせの方はこちら 資料請求はこちら

  • 珪藻土とは?
  • メソポア珪藻土とは?
  • 珪藻土製品の比較
  • 珪藻土の成分
  • 湿度調整機能の目安
  • 珪藻土製品のご紹介
  • エコスタイル
  • 詳細
  • 使用量の目安
  • オイルミスト吸着
  • エコストーン
  • 詳細
  • 使用量の目安
  • MPパウダー
  • 詳細
  • 特徴
  • シリーズ
  • 施工マニュアル
  • フラッシュ クリーン
  • 詳細
  • 施工事例
  • 現場日誌
  • Q&A
  • 珪藻土コミュニティー
  • お問い合わせ
  • 珪藻土製品オンラインショッピング

ページのトップに戻る